最近の記事


2010年03月02日

ウィンドウズビスタ&7のUSBのセレクティブサスペンドを聞いたことありますか?


なにもしてないのにUSBにつなげて置いたメモリが

一回切断されてまた繋がたり、

外付けハードディスクをUSBハブに繋げると認識しなかったり、

壊れたのかなと思って本体の方に繋げると問題なく認識したり、

USBに繋げたプリンタがちょっと先まで

使えたのに認識しなくなったり、

とにかく何もしてないのにUSBが切断されることがよくある方は

このUSBのセレクティブサスペンドってやつの仕業かもしれません。

本来使ってないUSBの周辺機器は電源を切って置くという

ありがたい機能ですが、常に繋がってないと困るときだってありますし、

しかも一回電源切られたら抜き差ししないと認識しないことだってありますので

このUSBのセレクティブサスペンドでお困りの方は

思い切って無効にしちゃいましょう。

----------------------------------------------------------------

ウィンドウズビスタと7でしか変えられません。

その以下のOSの方はごめんなさい。


セレクティブサスペンドの無効化_01.jpg

コントロールパネルから電源オプションを出しましょう。

セレクティブサスペンドの無効化_02.jpg

プラン変更をしましょう。

セレクティブサスペンドの無効化_03.jpg

詳細な電源設定の変更をクリックしましょう。

セレクティブサスペンドの無効化_04.jpg

USB設定のところを見ますと有効なっていますので無効に変えましょう。

----------------------------------------------------------------


USB2.0のポート一つは5V/2.5Wです。

それ以上の電力が必要な周辺機器は
(例えば2.5インチハードディスクを使った外付けハードディスクなど)

複数(2個以上)のUSBポートに接続したりします。

そういった周辺機器の不具合が多いときに役立つと思います。

後、USBポートの消費電力を侮ってはいけませんので

ノートパソコンとECOに敏感でしたら問題がないとき以外に

無効に設定することはお勧めできません。





【パソコン>OS関連の最新記事】
posted by イテゾラ at 20:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン>OS関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142590460

この記事へのトラックバック